スカーレット106話 ネタバレ あらすじと感想!穴窯挑戦後の喜美子

スポンサーリンク

穴窯に挑戦してから年月がたち、喜美子は40歳に。高校2年生になった武志に卒業後の進路を心配して尋ねる喜美子ですが、武志は何かを隠しているよう…。スカーレット106話では、穴窯へ挑戦した後どうなったのか?の振り返りもあります。スカーレット106話のネタバレ あらすじと感想をまとめました♪

 

▼▼▼今すぐスカーレットを見る▼▼▼

 

スポンサーリンク

スカーレット106話 ネタバレ あらすじ

スカーレット106話 ネタバレあらすじ

 

 

昭和53年(1978)、40歳になった喜美子は、女性陶芸家の草分け的な存在として活躍しています。穴窯は4ヶ月に一度、アルバイトを雇って2週間、窯焚きを続けています。息子の武志(伊藤健太郎)も高校2年生となり、そろそろ進路を決める頃合いに差し掛かっています。

 

ある日、マツが喜美子に「めでたし めでたし」の話をしてほしいと頼みます。「めでたし めでたし」とは、7年前の窯焚き成功の後日談であり、マツのお気に入りでした。

 

喜美子が窯焚きに成功した後、ちや子が婦人雑誌に取り上げ、続くように新聞社・テレビ局も取材に訪れ、結果的に世間から注目を浴びることになります。

 

その後、喜美子の作品は高値で売れるようになり、あっという間に借金を返済することが出来ました。おかげで暮らしは豊かになり、「めでたし めでたし」と、話は丸く収まります。

 

ある晩、マツが老人会で企画した温泉ツアーに出かけ、喜美子が武志と2人で過ごしているところに信作が訪ねて来ます。信作は課長補佐に昇格し、百合子との間には2人の娘が誕生していました。信作は喜美子に中身を言わず、武志に秘密の届け物を渡して去っていきました…。

 

後日、マツが帰宅すると、武志に川原家の家訓を教えます。マツは「大学に進学してほしい。」という、喜美子の親心を伝えますが、武志は何かに迷っている様でした…。

 

スカーレット106話の感想

武志がいきなり高校2年生、喜美子が40代になりました。「めでたしめでたし」の話ってなに!?って思ったけど、穴窯を成功させてから今までの放送しなかった期間をこの「めでたしめでたし」で表現したのと、同時にマツの老いも表現されていて、さすがスカーレットです。

 

めでたしめでたしの会話に常治は登場したけど、八郎は一瞬も出てこなかったことが悲しかったです。喜美子は八郎と離婚したわけだけど、どう思っているんだろう。

 

父親と離れて暮らすことになった武志だけど、信作がいてくれてよかったです。信作は子供時代や若い頃は大丈夫か!?って思ったけど、いいヤツですね。

 

喜美子に高校卒業後の進路はどうするのか?と言われているけど、武志の心の中では、陶芸の道に進みたいって決めている。だけど、切り出せない。

 


スポンサーリンク

スカーレット106話ツイッターの口コミ

 

スカーレット106話の見逃し配信

スカーレットはオンデマンドで動画配信中!U-NEXTからオンデマンドの視聴ができます。登録するとスカーレット以外のドラマやアニメ、映画などの見放題がたくさんあるのでがっつり視聴することができますよ。なんと配信作品は13万本以上も!スカーレット106話、40代になった喜美子はぜひ動画でご覧ください!

▼U-NEXTの公式サイトをクリックする▼
タイトルとURLをコピーしました