スカーレット 111話 ネタバレあらすじと感想!武志の決断とは!?

スポンサーリンク

京都での大学生活が終わり、信楽に戻ってきた武志は、喜美子を飲みに誘います。卒業後の進路も決めていた武志は、翌日、喜美子に報告するとともに、穴窯は継がないと気持ちを伝えます。武志の決断を聞いた喜美子は…。スカーレット111話のネタバレあらすじと感想をまとめています♪

 

スカーレット見るならU-NEXT経由のオンデマンド!

 

▼▼▼スカーレットを見るならクリック▼▼▼

 

スポンサーリンク

スカレーット 111話 ネタバレとあらすじ

スカーレット 111話 ネタバレ あらすじ

 

 

京都の美術大学に通っていた武志が信楽に帰って来ます。喜美子は久しぶりに賑やかな時間を過ごします。

 

ある晩、武志が喜美子を居酒屋に誘い、初めて親子二人でお酒を飲み交わします。武志は喜美子に学生時代の思い出話を語り、その話の途中で、大学時代の恩師の存在を明かします。恩師の名は「掛井武蔵丸」という釉薬の専門家でした。

 

翌日、武志は掛井先生を追って「窯業研究所」に通うことを告げます。武志は「釉薬の事をもっと学びたい。」「せやから、穴窯を継ぐつもりはない。穴窯はやらんで…!?ごめんな。」と喜美子に伝えます。

 

すると喜美子は、「あほ!誰が穴窯継げって頼んだ!?」と言うと、さらに武志は、「俺がやらんかったらどうなるん?お母ちゃんでおしまいにするん!?」と心配しますが、喜美子は笑顔で武志の背中を押しました。

 

後日、喜美子は掛井先生への挨拶のために「窯業研究所」を訪れます。その場には、照子と長男の竜也がいました。かつては大人しい子だったのですが、現在では派手ないで立ちに変わっており、母親の照子の手を焼かせていました。

 

その後、掛井先生と対面した喜美子でしたが、想像とは違い、腰の低い普通の男性でした。しかし、「努力する方向を間違わなければ、なりたいものになれる。」と竜也に説く姿を見て、喜美子は安心して武志を任せられると確信しました。

 

翌週、武志は部屋を借りて、一人暮らしを始めました。昼間は研究所に通い、夕方からはアルバイトをしています。喜美子は再び、一人暮らしに戻りました。

 

ある時、喜美子が食事をしていると、不審な人影が庭を横切ります…。

スカレーット 111話の感想

武志は大学でいい恩師に出会えたこともあって、自分の進む道をしっかりと歩み始めていますね。自分は喜美子の道じゃなくて八郎だと確信しましたね。

 

掛井先生は普通の人だと武志が強調していたけど、武志が天才肌の喜美子じゃなくて、普通の道を選んだってことを言いたかったのだろうね。

喜美子と挨拶した時の掛井先生のテンションが高くて、喜美子も苦笑。だけど、先生にしたら喜美子はすごい芸術家。憧れられる存在にまでなったとはすごいものです。

 

今回、八郎は登場しなかったけど、武志を通して八郎を感じました。

母と初めて飲みに行ったわけだけど、そのうち八郎とも飲みに行って欲しいです。八郎は涙を流すかも。

武志にはおじいちゃんの常治の記憶はないんですね。常治を知らないなんて、教えてあげたくなりました。

 

照子の長男がヤンキーになっていて驚いた。何不自由なく育ったのに、なんでだろう!?武志と違いすぎる><

 


スポンサーリンク

スカレーット 111話 ツイッターの口コミ

 

スカレーット 111話の見逃し配信

スカーレットはオンデマンドで動画配信中!U-NEXTからオンデマンドの視聴ができます。登録するとスカーレット以外のドラマやアニメ、映画などの見放題がたくさんあるのでがっつり視聴することができますよ。なんと配信作品は13万本以上も!スカーレット111話はぜひ動画でご覧ください!

 

▼U-NEXTの公式サイトをクリックする▼
タイトルとURLをコピーしました