スカーレット 65話 ネタバレ あらすじ 感想!陶芸家になる夢は…

スポンサーリンク

父・常治に、陶芸家になる夢をあきらめて会社員として働くことが結婚を認める条件だと言われた八郎は、どう返事をしたのでしょうか?スカーレット65話のネタバレあらすじと感想、ツイッターの口コミを紹介しています!

 

スカーレット 65話では、八郎と喜美子が父・常治に結婚の許可を熱烈にうったえるところが見どころです。ネタバレを書いていますので、知りたくない方はぜひ動画をご覧ください!スカーレット64話はオンデマンドで配信中ですが、オンデマンドはU-NEXTで見ることができます!
▼U-NEXTの公式サイトをクリックする▼
スポンサーリンク

スカーレット 65話 ネタバレ あらすじ

スカーレット 65話 ネタバレ あらすじ

 

八郎と対面した父・常治は、喜美子との結婚に向けた条件を出します。それは、八郎が「陶芸家になる夢を捨てる」という厳しいものでした。「丸熊陶業」の社員として働き続けて、喜美子に経済的な負担をかけてほしくないと、娘を想う気持ちを訴えました。

 

八郎は常治の条件を受け入れ、「丸熊陶業」で定職に就き、陶芸家になる夢をあきらめると言います。しかし、納得出来ない喜美子は猛反発します。

 

「陶芸は片手間では出来ない、陶芸家になるのは2人の夢や!」

 

と、常治にぶつけます。八郎も、常治から出された条件を一度は受け入れましたが、喜美子の言葉を聞いて陶芸家になると熱意を持って伝えました。

 

陶芸家では生活できないという常治に、喜美子は「自分が支えます!」と強く説得しますが、常治も折れず、家族全体を巻き込んだ口論へと発展します。その中で母のマツは、常治の側へ行き、

 

「駆け落ちした時、わくわくした。人生を失敗したと思ったことはない。」

 

と常治をたしなめます。

 

母・マツにつづき、同席していた百合子は、先日、母と駆け落ちした父のことを気持ち悪いと言ってしまったことをあやまりました。

 

八郎は、陶芸家の金銭的な実情を伝え、喜美子からもらった絵を見て元気になった、心が動くような作品を作りたいと、改めて「陶芸家」を目指すことを宣言します。

 

川原八郎にならせて下さい!」と喜美子共々、深く頭を下げ、結婚の許しをお願いいます。2人の勢いに押された常治は、「陶芸展で作品が入賞したら結婚を認めてやる」と提案します。喜美子と八郎の二人三脚の挑戦が始まろうとしていました…。

スカーレット 65話 感想

母・マツがいいことを言ってくれましたね。常治は仕事もうまくいかず、マツや子供達に苦労させていることに申し訳ないとずっと思っていたのでしょうね。だから喜美子の夫のは、生活が安定する仕事に就いてもらいたいと思っていたけど、マツにワクワクしたと言ってもらえて心の荷が下ろせたのかも。貧しいながらも仲良し家族だし、常治は自分のことを責めなくていいと思いました。

 

常治に会社員として働くことが結婚を認める条件だと言われた時、八郎はなんて返事をするんだろう?と思っていたら、夢をあきらめると聞いて、そっか…、と思いましたが、喜美子の熱意やマツの心遣いで陶芸家になることを宣言した八郎がステキでした。川原八郎にならせてください!って言われて常治は胸が熱くなったのでは。息子として可愛がってくれそうだし、二人で飲みにシーンが見たいです。

 

お父ちゃんは、陶芸をやめろとは言っていない、隙間時間にやればいい、と言ったけど、陶芸家になりたい!と言っている相手にそれはムリでしょ、と思ったら、喜美子が片手間でできるもんじゃないとめっちゃ主張し出して、まさにその通りだと思った。

 

八郎が陶芸家で1人前になるまで、家計はどうするのか?と突っ込んできた父親に、喜美子は自分が支えると言ったけど、実家でも家族を支えてきて、結婚後も夫を支えるとは、喜美子は働き者ですね。子供が生まれたらどうするのかな。

 


スポンサーリンク

スカーレット 65話 ツイッターの口コミ

 


 

スカーレット 動画配信

スカーレットはオンデマンドで動画配信中ですが、U-NEXTからオンデマンドの視聴ができます。登録するとスカーレット以外のドラマやアニメ、映画などの見放題がたくさんあるのでがっつり視聴することができますよ。父・常治に必死に結婚のお願いをする八郎の感動のシーンはぜひ動画で見てください^^*

▼U-NEXTの公式サイトをクリックする▼

 

タイトルとURLをコピーしました