スカーレット 68話 ネタバレあらすじと感想!泣きながら訴える喜美子に…

スポンサーリンク

依頼のあったコーヒー茶碗を手伝いたいと八郎にお願いする喜美子に対して、八郎は手伝ってもらうのでしょうか?八郎は、陶芸展へ出品する作品は作ることはできるのか?68話では八郎と喜美子のセリフなしの沈黙の見せ場があります。スカーレット 68話のネタバレあらすじと感想をまとめています!

 

スカーレット 68話では、八郎と喜美子の沈黙のシーンが見どころです。ネタバレを書いていますので、知りたくない方はぜひ動画をご覧ください!スカーレット68話はオンデマンドで配信中ですが、オンデマンドはU-NEXTで見ることができます!

 

▼U-NEXTの公式サイトをクリックする▼

 

スポンサーリンク

スカーレット 68話 ネタバレ あらすじ

スカーレット 68話 ネタバレあらすじ

 

喜美子は八郎のコーヒー茶わん作りを手伝いたいと、涙ながらに訴えました。結婚に向けた試練を2人で乗り越えたいという、喜美子の真っ直ぐな気持ちを八郎は受け止め、思い立ったように作業場を飛び出して行きました…。

 

しばらく時間が経ち、ようやく八郎が戻ってきました。「大野雑貨店」改め「カフェ サニー」に電話を掛け、大野夫妻から「喜美子にコーヒー茶わん作りを手伝わせる」許可を得て来たと言います。八郎は喜美子を信頼して、コーヒー茶わんの半分を任せることにしました。

 

八郎が自身の制作活動に集中する傍ら、喜美子は初めての茶わん作りに挑みます。出足は好調でしたが、すぐに壁にぶつかります。悪戦苦闘が続き、深夜になっても作業は終わる気配を見せませんでした…。

 

一方、川原家では、帰省中の直子から重大発表がありました。それは、年明けから仕事のお給金が上がり、副班長に抜擢されたと言います。負けん気の強い直子らしく、必死に努力した結果だと、鼻高々に話しました。

 

父・常治は、帰りの遅い喜美子が心配になり、母・マツに様子を見て来るように頼みます。そして、マツが作業場を訪れると、そこには黙々と作陶に打ち込む喜美子の姿がありました。喜美子の邪魔をしないように、そっと近づいてみると…。

 

スカーレット 68話 感想

八郎が陶芸展に出品する作品作りに専念できるように、自分がコーヒー茶碗を作る!と必死に訴えた気持ちが八郎に届いたら、茶碗の依頼主に自分じゃなくて喜美子が作っていいですか?と了解を取りに行ったところはさすがだと思いました。八郎は喜美子の尻に敷かれるように見えますが、筋が通っているし、頼りになるし男っぽいなと思いました。惚れてしまいそう^^*

 

人が作った作品そっくりに作るのは難しい。これだと3ヶ月はかかりそう。と八郎に言われた喜美子だったけど、見事に作り上げましたね。形は微妙に違っていたけど、あれだけ作れ流とは才能がある証拠ですね。

 

喜美子がロクロを回しているシーンでは、セリフがなくて、無言でしたね。ドラマで無言って珍しいけど、15分の枠であれだけセリフのないシーンがあるのはすごい演出だと思いました。

 

喜美子の隣でデッサンをしているけど、喜美子が心配になる八郎はあまり集中できない感じでしたよね。女性はこんな風に愛する人に気にかけてもらいたいものなのです。

 

喜美子が陶芸の神様に礼をした時、八郎は鼻でふふふと吹き出すし、喜美子は八郎の前で大泣きするしで、相手にかっこよく思われたいとかじゃなくて、お互いに自然に振る舞えてお互いが大好きって関係が最高だし、こんな相手ってなかなか出会えるものじゃないよね。ステキなカップルです。

 

深夜になっても帰ってこない喜美子が心配で仕方なかった常治はいいお父さんですね。心配だけど、自分は恥ずかしいので、母・マツに様子を見に行かせるところが常治らしいと思った。マツは差し入れを持って行くし、娘思いの優しい両親だな。

 

次女の直子がいい感じで成長してる。一緒に住んでいた頃は家族に反抗していたけど、家族が大好きなのが伝わってきた。お給料も上がることだし、川原家は貧乏脱出しそうだな。

 


スポンサーリンク

スカーレット 68話 ツイッターの口コミ

 

 

 

 

スカーレット 67話 動画配信

スカーレットはオンデマンドで動画配信中ですが、U-NEXTからオンデマンドの視聴ができます。登録するとスカーレット以外のドラマやアニメ、映画などの見放題がたくさんあるのでがっつり視聴することができますよ。沈黙の続く見せ場のシーンは文字だと伝わりにくいので、ぜひ動画でご覧ください^^*

▼U-NEXTの公式サイトをクリックする▼
タイトルとURLをコピーしました