スカーレット74話ネタバレあらすじ感想!マツの決心と八郎が受けた指摘

スポンサーリンク

ちゃぶ台をひっくり返していた頃の常治とは思えないくらい、徐々に弱っていく夫に対して、マツはある決心をします。八郎は美術家から厳しい指摘を受けるのでした。スカーレット74話のネタバレあらすじと感想を紹介しています!

 

スカーレット74話のネタバレを知りたくない方は先に動画をご覧ください!スカーレットの動画はU-NEXTのオンデマンドで見ることができます!登録は無料です。

 

▼U-NEXTの公式サイトをクリックする▼

 

スカーレット74話ネタバレあらすじ

スカーレット 74話 ネタバレ

 

余命宣告を受けた父・常治と母・マツが、夫婦水入らずの温泉旅行から帰ってきました。常治は帰宅早々、「疲れたから寝る。」と言い残し、寝床へ向かいます。日に日に弱っていく父を、喜美子はかなしそうな眼差しで見つめていました…。

 

喜美子と妹の百合子は、母・マツから旅行中のいきさつを伝えられます。温泉旅行の前に、大阪で母のお墓参りと親戚へのあいさつ回りを済ませてきたと言います。マツは、常治のために出来る事は「泣かんこと」しかないと悟り、自宅で最期まで見守ることを決意しました。

 

ある日、「窯業研究所」の美術家たちが八郎の下を訪ねます。世界的な芸術家「ジョージ富士川」を信楽に招き、創作実演を行ってもらうと聞かされます。予想外の報せに八郎は興奮を隠せません。

 

しかし、陶芸家として伸び悩む八郎に対して、美術家からは「本気が足りない。」と厳しい指摘を受けます。美術家たちの期待を感じる八郎ですが、なかなか創作に打ち込めない理由もありました…。

 

秋に入り、常治の病状は深刻化していきます。食欲も減り、食事にはほとんど手を付けていない状態でした。どんどん弱っていく常治のために、喜美子たちはある計画を実行することにします。

 

それは、家族全員の「愛情がいっぱい詰まった器」を作ること。ひとりひとり、父・常治への想いを込めていき、完成の時を待ちますが…。

 

スカーレット74話の感想

常治とマツは、駆け落ちしてから、子供が成長してもずっと仲がいい夫婦ですね。常治がまだ動けるうちに夫婦水入らずで温泉に行けてよかったです。こんな贅沢な旅行、初めてだったのでは…。と思ったら泣けてきた。働いても働いても貧しくて、体を酷使してしまった常治…、マツに甘えてください。

 

陶芸展で賞をとった八郎だけど、陶芸家としてのセンスは喜美子の方があるのかも。賞をとったお皿を見たときは感動したけど、同じものばかり作り続けるって、芸術作品というより、大量生産です。八郎がなりたいのは芸術家だと思うので、今のままでは先が見えないです。

 


 

スカーレット74話ツイッターの口コミ

 

 

 

スカーレット74話の動画配信

スカーレットはオンデマンドで動画配信中です。U-NEXTからオンデマンドの視聴ができます。登録するとスカーレット以外のドラマやアニメ、映画などの見放題がたくさんあるのでがっつり視聴することができますよ。こんな常治を見たくなかった…と思うかもしれませんが、マツの膝枕で安らぐ常治はぜひ動画でご覧ください!

▼U-NEXTの公式サイトをクリックする▼

 

 

タイトルとURLをコピーしました