スカーレット75話ネタバレあらすじと感想!常治と最後の会話をしたのは

スポンサーリンク

食欲もなく、弱っていく常治のために喜美子たちや信作の家族がお皿を作ったり、マツタケを取りに行ったりと元気付けようとしますが、常治は別れの言葉を喜美子に言います。そのシーンが不器用な常治らしくて涙が止まりませんでした。スカーレット75話のネタバレあらすじと感想をまとめています!

 

スカーレット75話のネタバレを知りたくない方は先に動画をご覧ください!常治が喜美子の頭をポンポンとするシーンは涙が止まりません…、ぜひ動画でご覧ください!スカーレットの動画はU-NEXTのオンデマンドで見ることができます!登録は無料です。

 

▼U-NEXTの公式サイトをクリックする▼

 

スポンサーリンク

スカーレット75話ネタバレあらすじ

スカーレット 75話 ネタバレ

 

秋に入り、病状が悪化した父・常治は、ほとんど食事を受け付けなくなりました。喜美子たちは、「これで何か食べてもらえたら…。」と、家族全員の愛情をいっぱいに込めた「手作り大皿」をプレゼントしようと計画します。

 

一方、大野家では、常治の戦友・忠信が、息子の信作を相手に、「いつか、うまいマツタケごはんをごちそうする。」と、かつて戦地で常治と交わした約束を聞かせます。約束を交わしたものの叶えられず落ち込んでいる忠信を見かねた信作は、今すぐマツタケごはんをご馳走しようと、深夜遅くに両親を連れて、マツタケを採りに山に出かけて行きました。

 

喜美子たちの大皿が完成した頃、信作たちがたくさんのマツタケを持って、川原家に駆け込んで来ます。すると、ほぼ寝たきりだった常治も起き上がり、賑やかな時間を過ごします。

 

常治は家族の身を案じ、心からの感謝を伝え、眠りにつこうとします。常治は眠りにつく前に、喜美子を呼び止め、頭を優しく撫でながら、ある言葉を口にします。

 

「ほな、またな…。」

 

常治との別れを感じた喜美子は、常治を眠らせないようにいろいろと話しかけます。そして、最後に自身の想いを伝えました。

 

「一緒にまた笑おうな、お父ちゃん。」

 

喜美子の想いが常治に届いたのか、常治は静かに眠りにつきます。そして、そのまま目覚めることはありませんでした…。

 

 

スカーレット75話の感想

人情があって愛情深いのに、照れ屋で不器用な常治らしさが最後の演出に現れていましたね。やっぱりスカーレットの脚本や演出は素晴らしいです。喜美子の頭を撫でてあげたいけど、頭になにか付いているなんて、このシーンに常治の人間味が出ていて、泣けました。

 

常治と最後に会話をしたのは妻のマツではなくて喜美子でした。長女はしっかりしなさいと教育されることが多いですが、川原家は特に長女の喜美子が大黒柱のように、子供の頃から家族を支えてきました。常治とマツとはケンカしたことなかったけど、喜美子とは言いたいこと言い合ってぶつかりあうことも多かったですよね。自分がいなくなった後、家族のこと、喜美子に頼むなって思ったのでしょうね。最後の「ほな、またな」って常治の言葉も悲しすぎる。

 

常治が喜美子の頭をポンポンするところで、死に行く常治を演じる北村一輝さんの演技と戸田恵梨香さんの演技力が素晴らしかった。戸田恵梨香さん、喜美子そのもので、いい表情されていた。

 


スポンサーリンク

スカーレット75話ツイッターの口コミ

 

 

 

スカーレット75話の動画配信

スカーレットはオンデマンドで動画配信中です。U-NEXTからオンデマンドの視聴ができます。登録するとスカーレット以外のドラマやアニメ、映画などの見放題がたくさんあるのでがっつり視聴することができますよ。常治と喜美子の最後の会話、頭ポンポンのシーンはぜひ動画でご覧ください!
▼U-NEXTの公式サイトをクリックする▼
タイトルとURLをコピーしました