スカーレット76話ネタバレあらすじと感想!常治と直子の約束が明らかに

スポンサーリンク

常治の葬式が終わってから、やっと帰ってきた直子。帰って来なかった理由には、家族が知らなかった常治と直子の約束がありました。帰って来なかった理由を打ち明ける直子を温かい目で見つめる喜美子。本当は帰って来てお父ちゃんに会いたかったのに…。スカーレット76話のネタバレあらすじと感想です!

 

スカーレット76話のネタバレを知りたくない方は先に動画をご覧ください!鮫島くん役のジャニーズジュニア正門良規さん初登場シーンはぜひ動画でご覧ください!スカーレットの動画はU-NEXTのオンデマンドで見ることができます!登録は無料です。
▼U-NEXTの公式サイトをクリックする▼

 

スポンサーリンク

スカーレット76話のネタバレあらすじ

家族たちの温かな想いに見守られ、父・常治は静かに旅立って逝きました。葬儀を終えた川原家は静まり返り、寂しさと悲しみに包まれていました。次女の直子は、お葬式にも間に合いませんでした…。

 

葬儀を終えた頃、喜美子と八郎は久しぶりに落ち着いて会話をします。息子の武志が生まれて以来、どこかすれ違い気味だった2人は、お互いの本音をぶつけ合いました。ゆっくり話をしていなかったためか、喜美子も八郎も感情的になっていきます。

 

しかし、お互いの正直な想いを確認し合えたことで、夫婦の絆はより深いものになりました。これからは、亡き常治に笑われないように、家族で支え合っていくことを誓いました。

 

しばらくして、東京で働く直子が、見知らぬ男「鮫島正幸」という人物を連れて帰郷します。鮫島は直子の同僚で、大阪に向かう途中で信楽に立ち寄ったと言います。喜美子は直子に、常治の死に目にも立ち会えなかった事情を問い詰めます。すると、直子の目からは涙が溢れ、苦しい胸の内を明かしました…。

 

父・常治からは何度か電話がかかってきたらしく、「帰ってくるな。」と言いつけられていたそうです。父からの最後の頼みだと感じた直子は、その言いつけを守っていたと言います。「本当は会いたかった…。」直子の切実な心境を聞いた喜美子たちは、言葉を失ってしまいました…。

 

スカーレット76話の感想

いつも常治に反抗していたので、最後は父親の言うことを聞こうと思ったのかな。でも本当は会いたかったんだよね、常治の「帰ってくるな」は本心だったのかも疑問。わざわざ電話するってことは、本当は直子に帰ってきて欲しかったんじゃないの?って思いました。

 

常治と直子のやりとり見てて、似たような話を思い出しました。日本昔話というテレビアニメで、父親の言うことといつも反対のことをする息子の物語です。父親が亡くなる前に、自分が死んだらお墓は川の近くに造るように息子にお願いしました。父親は息子はいつも真逆のことをするので、川の近くにとお願いしたら山に造ってくれると思ってたのです。ところが、息子は父親の言った通り、川の近くに造りました。大雨で川が溢れそうになったりする度に、墓が壊れたりしないように、父のお墓に飛んでいくのでした。常治は直子に帰ってきて欲しいから、電話していたのかも。

 

直子が男性と帰ってきたので、新しい彼氏!?と思ってしまいました^^;直子は東京へ行ってハイカラさんになりましたね。けど、自由人って感じだし、直子と合いそう。

 


スポンサーリンク

スカーレット76話のツイッターの口コミ

 

スカーレット76話の動画配信

スカーレットはオンデマンドで動画配信中です。U-NEXTからオンデマンドの視聴ができます。登録するとスカーレット以外のドラマやアニメ、映画などの見放題がたくさんあるのでがっつり視聴することができますよ。スカーレット76話はぜひ動画でご覧ください!

▼U-NEXTの公式サイトをクリックする▼

 

 

タイトルとURLをコピーしました