スーツ日本版は織田裕二さんなどキャストがイメージと違う思ったワケ!

2018年10月からのドラマで、『SUITS/スーツ』が、月9で放送されましたよね。アメリカでも大ヒット中のドラマで、シリーズ8作品が放送されています。

私はアメリカ版の『SUITS/スーツ』が大好きで、日本版がリメイクされると聞いて楽しみにしていましたが、1話目を見て、正直がっかりしてしばらく見ることをやめていました。
ですが・・・、また見始めたところ面白くてハマってしまったのです。

 

1話を見て見本版のスーツは面白くないなーと思っていたのになぜ見始めたのかと言うと、アメリカ版、主演のガブリエル・マクトが、日本版のことを「超カッコイイ」と英語で言っているインスタを見て、原作の主役がそこまで言っているのなら見てみようかなーと思い、また見始めたところ、面白くてハマったのでした。

 

1話を見てがっかりした理由、アメリカ版との違いや感想を書いていきますね。

 

スポンサーリンク

SUITS/スーツ日本版のキャスト

 

甲斐正午:織田裕二

鈴木大貴:中島裕翔

幸村チカ:鈴木保奈美

聖澤真琴:新木優子

玉井伽耶子:中村アン

谷元砂里:今田美桜

谷元遊星:磯村勇斗

蟹江貢:小手伸也

 

SUITS/スーツ日本版のあらすじ

ドラマ スーツ 日本版

 

都内の大手弁護士事務所「幸村・上杉法律事務所」に所属する甲斐正午。彼は、ハーバード大学卒業の事務所内でもトップらクラスの稼ぎ頭の敏腕弁護士ですが、性格に難ありで、所長の幸村も彼の昇進をどうしようかと悩んでいました。

 

そして、昇進させる条件として、アソシエイト弁護士を雇うことを提案。嫌がりながらも、面接を開いたそのホテルに、なんと悪友から、よくない取引の仕事を請け負ってしまった鈴木大貴がやってくるのでした。

 

彼は、天才的な記憶力を持っているが、悪友の影響でその日暮らしをするはめになっていて、祖母の入院費用なども必要になり、しょうがなく悪事に手を染めようとしていました。

 

二人がその面接で出会い、甲斐は、鈴木の驚異的な記憶力を知り、アソシエイト弁護士として雇うことにするのだが、もちろん弁護士の資格などはもっておらず、経歴詐称をすることになるのでした。

 

でも、鈴木大貴の驚異的な記憶力と、甲斐正午の手腕で数々の事件を解決していくリーガルドラマです。

 


スポンサーリンク

SUITS/スーツアメリカ版と違うところ

私の個人的な感想を書いていきます^^;

 

主役の織田裕二さんが、アメリカ版の主役ガブリエル・マクトと比べると、少し年齢が上な気がします。そして、その主役ハーヴィー独特のセクシーさは、織田裕二さんとは違う気がします。

 

ということで、私がスーツの日本版の1話だけを見て、2話からは見なくなってしまった理由は、アメリカ版の役者さんと日本版の役者さんのイメージが合わないと思ったからでした。

 

それは織田さんだけでなく、他のキャストの方達もイメージがちょっと違う・・・って感じたんですよね

 

相棒アソシエイト弁護士の中島くんは、今までのドラマの役が好青年のイメージが強くて、こちらもミスキャストかなと・・・。個人的には「家売るオンナの逆襲」に出演中の、松田翔太くんが合っている、と思いました。
ハーヴィーの秘書役ドナに相当するのが中村アンちゃん演じている玉井ですが、ハーヴィーと昔何かがあったとか、どちらかというとこの役を鈴木保奈美さんが演じるのかと思っていました。中村アンちゃんだと、若すぎですね。ただ、彼女は、ドナらしい妖艶さを演じていたので、見ていくうちに気にならなくなりましたけどね。

 

ハーヴィーとドナの儀式があって、詳細は省きますが、この日本版でも甲斐と玉井の儀式的なものがあって、それが、キャラメルのあたりを待っていたのかな?

 

あるとき、甲斐が玉井の気を引くために、ちょっとした嘘をつきます。この部分もアメリカドラマに似せてはいましたが、違いました。

 

悪友の妹が鈴木大貴に恋心を抱いていましたが、アメリカ版では、悪友の彼女とマイクがなんとなく恋愛関係になっていた気がします。あ、ここも違いますね。妹と彼女の違いって、大きいですよね。

 

SUITS/スーツ日本版の感想

 

1話でがっかりしましたが、オリジナルのアメリカドラマの主演、ガブリエル・マクトが日本版のことを「カッコイイ」とインスタで絶賛しているのを見て気を取り直して見始めたわけですが、見終わった感想としては、おもしろかったです!

 

今まで、リーガルドラマは何本か見てきましたが、アメリカ版のスタイリッシュさを頑張って真似ている感じもいいなと思いました。

 

所長役のジェシカの雰囲気を演出するためなのか、鈴木保奈美さんのファッションはどれも素敵でした。まさかの乗馬シーンまで出てきて、驚きでした。

 

アメリカ版はやはり街が、セットが、違いすぎますので、その点は目をつぶったほうがいいですが、それ以外は面白かったです。

 

まとめ

 

SUITS/スーツは、アメリカでもシリーズ8本も放送されている大人気シリーズです。それが日本版でリメイクされました。

 

日本版とアメリカ版での違いは、やはり出演者の年齢差や文化の違いはありますが、内容は、アメリカ版に忠実に作られていました。

 

アメリカ版の主人公ガブリエル・マクトの言葉を見たのがきっかけで日本版のスーツを全部見た私ですが、彼がオススメするのも納得な面白さになっていました。

 

日本版しか見てなかった方も、ぜひアメリカ版を見てみてください。かっこいいです!

 

原作のアメリカ版のファンの方は、あのハーヴィーが言っているんだから、日本版もぜひ見てみてください^^

 

おすすめ関連記事

 

鈴木保奈美さんもステキでしたが、アメリカ版にはキャリアウーマン女性がたくさん登場していて、ファッションを見ているだけでうっとりしてとても素敵です。

 

メーガン妃も出ていましたし貴重なドラマです。

 

別記事で素敵な登場人物の女性5人についてまとめていますので、ご興味のある方は是非お読みください!

 

Suitsに登場するスコッティなど素敵な5人のキャリアウーマンを紹介!
Suitsのアメリカ版ドラマには素敵なキャリアウーマンが登場します。ファッションもステキで話題にもなりました。キャストにはメーガン妃もいますし着こなしを見ているだけでうっとり。スコッティ、ジェシカ、ドナなど5人の登場人物を紹介します!

 

なお、オリジナルのアメリカドラマのスーツはシーズン1~4まで見放題で何度でも見ることができます。シーズン7は有料なので324ポイント必要ですが、登録すると600ポイントもらえるので無料で見ることができます。

 

会員ではない方でも、31日間無料トライアル中であれば登録するだけで視聴できますよ。

 

くわしくはU-NEXTの公式サイトでご確認してくださいね↓

 

▼ドラマ観るなら<U-NEXT>▼