カールじいさんの空飛ぶ家の感想!つらい時こそ観たい感動映画!

『カールじいさんの空飛ぶ家』は2009年に公開されたアニメ映画です。映画祭などで評価されたこともあり話題にもなりました。夢のような世界観と涙あり、感動あり、生き方のヒントもある映画です。『カールじいさんの空飛ぶ家』の感想、あらすじを紹介していきます。

 

カールじいさんの空飛ぶ家の基本情報

カールじいさんの空飛ぶ家

 

監督は『モンスターズ・インク』のピート・ドクターと『ファインディング・ニモ』の脚本家ボブ・ピーターソンの共同作品で、製作は「ピクサー・アニメーション・スタジオ」です。

 

第62回カンヌ国際映画祭でオープニング作品にもなりました。なんと、アニメがオープニングに選ばれたのは『カールじいさんの空飛ぶ家』が初めてでした。

 

第67回ゴールデングローブ賞では、アニメ映画賞、作曲賞を受賞。

 

第82回アカデミー賞では、作品賞候補入りしました。アニメーション映画では史上2作品目。1回目の1991年の『美女と野獣』以来の快挙です。

 

カールじいさんの空飛ぶ家のキャスト

 

カール・フレドリクセン

本作品の主人公。

無口な78歳の老人で頑固です。

少年時代から冒険が好き。

 

エリー

主人公カールの妻。

活発で冒険に目覚めた事がきっかけでカールと出会って結婚します。

 

ラッセル・キム

少し肥満気味な少年です。

会話をした事がない父親と話しをする為、お年寄りの手伝いをする任務を遂行する事で“お年寄りの手伝いバッチ”の授与式に父親を出席させたいと思って活動しています。

 

その活動のため、カールの家に来ていたのですが、バッチが欲しいという事だけでマナー知らずで何の訓練も受けていない肥満気味の少年です。

 

ダグ

マンツの犬軍団の1匹です。

犬語翻訳機が首輪に付いています。

 

犬軍団の仲間達からは落ちこぼれと言われて、常に1匹で行動しています。カール達と出会い一緒に行動する事でカールをご主人様のよつに慕っていきます。

 

ケヴィン

伝説の怪鳥。

カラフルな羽を持っていて、マンツが捜し求めている怪鳥です。

 

ラッセルがチョコレートを与えた事でチョコレートが好物になります。

そして、人になつくようになります。

 

チャールズ・F・マンツ

子供の頃、カールやエリーが憧れていた冒険家。

「パラダイスの滝の怪鳥」の怪鳥ケヴィンの骨が偽物とされ、冒険家協会の協会員資格を剥奪されてしまってから、名誉挽回の為、南米に旅立ち、犬軍団と共に怪鳥を探しつづけています。

 


スポンサーリンク

カールじいさんの空飛ぶ家のあらすじ

 

カールじいさんの空飛ぶ家の主人公の性格

映画のタイトル通り、主人公はカールという名前の78歳のおじいさんです。カールは妻に先立たれ、子供がいなかったので、一人で暮らしており、大規模開発の工事のため、周辺の住宅は取り壊されるなか、頑固なカールは立ち退きしません。

 

頑固で無口で、まるで昭和のおやじのようなおじいさんです。

 

そんなおじいさんが主人公なわけですが、ある日、カールは亡き妻との夢を果すため旅に出ます。

 

行先は、南米なので、飛行機か船で行くのかと思いきや、なんと、ヘリウムガスで膨らませた風船を家にたくさんつけて、家ごと旅に出るのです。

 

亡き妻との夢とは?

 

少年だったカールは、チャールズ・マンツという勇敢な冒険家に憧れていて、ある日、カールと同じようにチャールズ・マンツに憧れていて冒険好きな少女「エリー」に出会い意気投合し、その後大人になった二人は結婚しました。

 

 

二人は、初めて出会った空き家を新居に暮らし始め、いつか、パラダイス・フォールという滝を一緒に訪れようねと約束をするのでした。

 

その滝は、二人が子供の頃から憧れていた、冒険家、チャールズ・マンツが消息を絶ったと言われているところで、伝説の場所なのです。

 

妻エリーの死

 

2人は結婚後も仲良く暮らしながらも、パラダイス・フォールへ行く旅費が貯まりませんでしたが、子供もできなかったこともあり、ついに、カールが航海チケットを手にします。

 

子供の頃から夢見て、結婚後に約束していた夢が実現する矢先、妻のエリーが病気で倒れて亡くなってしまい、カールは最愛の妻を失ってしまうのです。

 

妻との約束を果たすことになった出来事

 

さらに、開発計画で街は高層ビルが建設されていき、カールは最愛の妻エリーとの思い出が詰まった家を立ち退くように要求されるのですが、妻との家を守るために立ち退きを拒み続けました。

 

ある日、立ち退きを要求する工事関係者がカールの家のポストを壊してしまい、それに対し怒ったカールが、杖で工事関係者にケガをさせてしまうのでした。

 

この出来事が原因で、カールは妻と過ごした思い出が詰まった家を立ち退かざるをえなくなってしまうのです。

 

この出来事で、カールは妻との約束を果たす決心をします。

 

カールが選んだ旅の方法が想定外

 

カールは、家にヘリウムガスで膨らませた風船をたくさん付けてパラダイス・フォールに向けて旅立つことにしました。家には風船を10,297個結び付けて旅立ったのです。

 

旅のお供

 

旅立った後、驚いたことに、家の中にラッセルが忍び込んでいました。

 

ボーイスカウトのラッセルは“お年寄りのお手伝いバッチ”を持って自然探検隊員としてランクアップをめざしている少年でした。

 

ラッセルの協力もあり、2人はパラダイス・フォールの地にたどり着きましたが、到着した場所は滝から離れていたので、ロープで家を引っ張って移動することにしました。

 

風船で移動できるのは限界があるので、猶予はあと3日と迫っていました。

 

滝を目指して移動しているとき、巨大な怪鳥のケヴィンとケヴィンを追いかけていた犬のダグと遭遇します。

 

ラッセルはケヴィンとダグをペットにしたいとカールに言い、カールの旅に怪鳥と犬が加わり滝を目指すのでした。

 

憧れの人物との対面

 

カールは子供時代から憧れていた、冒険家、チャールズ・マンツと旅の途中で対面し、最初は良好な関係を築きますが、巨大な怪鳥のケヴィンを生け捕りにしようと長年待ち構えていたマンツは、カール達もケヴィンを狙っていると誤解するのでした。

 

マンツはカール達が邪魔だと思い、始末しようとして対決したところ、飛行機から転落してしまいました。

 

カール78歳、マンツ94歳の対決は見応えがあります。

 

カールじいさんの空飛ぶ家の感想

 

とても愛のある内容で、カールがエリーの事を愛し続けている事に感動して、アニメとは思えないほど熱い思いが伝わってきました。

 

家に風船を付けて飛んで行くという設定がとても面白くてわくわくしそうだな、と思いましたが、家ごと旅に出たのは、立ち退きで妻との思い出が詰まった家ごと旅をすることで妻のエリーと一緒に旅ができる感覚と家を壊さなくてすむ、ということなのか!とジーンとした気持ちになりました。

 

さらに、風船がしぼんで家が浮きにくくなったとき、カールは妻との思い出が詰まった思い出の品を次々と窓の外へ捨てていきます。

 

軽くなった家は再び空に浮かんで旅の目的地へ向けて進みます。

 

このシーンは、人生の学びだのように思えました。

 

また、妻との約束を果たすと決意したカールが男らしくたくましいです。78歳のおじいさんなんですけど、たくましいのです。

 

旅の途中も無口で頑固なカールが、ラッセル達と旅を共にする事で心を開く様子も見どころポイントです。

 

まとめ

風船で家が浮くという夢のような世界観に興味を持ったので観ましたが、魔法のような世界観でした。

 

たくさんの風船を付けて家が浮くなんて、夢のような世界ですよね。

 

夢のような世界観を体感できますよ。

 

主人公カールは男らしいですし、優しい感動の映画です。

 

最愛の妻を亡くしてしまい悲しみに落ちてしまうカールですが、妻との約束を果たす決心をして行動する姿は男の中の男です。

 

旅の手段が風船で家ごと旅立つという面白い作品であり、愛がつまっています。

 

小さなお子さんや大切な人と是非一緒に見て欲しいです。もちろん1人で見ても楽しめます。

 

家ごと旅立つことことにジーンと愛を感じたり、目的地へたどり着くために、思い出の品を捨てていくシーンでは、勇気をもらえて前進することを教えてくれる作品でもあります。

 

本当に感動しますよ^^