相棒season18のあらすじ第5話と感想!現場から冠城の写真が…

スポンサーリンク

青酸カリで殺された女性の部屋から、冠城(反町隆史)の写真が発見された!容疑者は元恋人の竹田ユキ(佐藤江梨子)!?話題の覆面詩人の謎と、かつての恋人の行方を冠城が追う!その先にある真実とは…相棒season18第5話のあらすじと感想を紹介します♪

 

相棒season18は、今ならU-NEXTで配信中です!結構ガッツリと書いていますので、あまりあらすじを知りたくない…、と思ったら動画を見てくださいね♪登録は無料です!
▼U-NEXTの公式サイトをクリックする▼

 

スポンサーリンク

相棒 season18のあらすじ第5話

相棒season18 あらすじ 5話

 

【第5話の放送日時】2019年11月6日(水)21:00~21:54

 

【ゲスト】竹田ユキ(佐藤江梨子さん)
冠城の元恋人で、殺害された女性と同居していた。事件の後、行方が分からなくなる

 

【ゲスト】
金子慎也(水橋研二さん)
冠城とユキが出会った喫茶店の店主

 

相棒season18第5話「さらば愛しき人よ」

 

とあるマンションの一室で、女性の遺体が発見されました。女性の名前は石川真悠子。青酸カリを飲まされての中毒死だと判明します。実は真悠子は、最近話題の覆面詩人「スノウ」でした。プロフィールを一切公表せずに活動しているスノウは、その素性がネットで取りざたされることもしばしば。

 

真悠子の部屋を捜索する中で、捜査一課の伊丹(川原和久さん)と芹沢(山中崇史さん)は、本にはさまっていた一枚の写真を発見します。そこに写っていたのは、なんと特命係の冠城(反町隆史さん)でした。

 

発見された写真とともに、特命係の元を訪れる伊丹と芹沢。冠城に写真を見せ真悠子との関係を聞きますが、冠城は見知らぬ女性だといいます。さらに冠城は、スノウは真悠子ではなく竹田ユキという女性だと主張。隣人の証言からも、真悠子とユキが一緒に暮らしていたのは間違いないようですが、ユキの行方は分かっていません。

 

実は、ユキは冠城の元恋人。しかし、二人が別れたのは5年以上前のこと。なぜユキがいまだに写真を持っていたのか?冠城は首をひねります。

 

その後、冠城はある喫茶店に出向きます。そこは、冠城がユキと出会った思い出の場所でした。店主の金子によると、ユキは今でも時々この店に来ているとのこと。冠城は、金子からユキの連絡先を手に入れ電話してみますが、つながりません。

 

事件の手がかりを求めて、右京(水谷豊さん)と冠城は第一発見者であるロジェ出版の社長のもとへ。社長は、スノウの詩を持ち込んだのは真悠子で、契約や印税の支払いも真悠子としていたと主張。そして、事件の前日に、真悠子からスノウとしての活動をやめたいとメールがあったといいます。

 

翌日、伊丹と芹沢から、新たな情報がもたらされます。真悠子が亡くなる前日、ユキが真悠子の口座から1000万円を引き出していたのです。さらに、サイバーセキュリティ対策本部の青木(浅利陽介さん)の調べで、ユキの本名が南侑希であること、15歳の時に実の父親を青酸カリで殺害した前科があることも分かります。

 

かつての恋人の無実を信じ、事件の真相を追う冠城。しかし、彼がたどり着いたのは、あまりにも悲しい結末でした…。

 

▼U-NEXTの公式サイトをクリックする▼

 

 

相棒 season18の感想と見どころ第5話

今回は、相棒シリーズ恒例ともいえる冠城回でした。しかしながら、冠城のいつものひょうひょうとした姿は身を潜め、かつての恋人が巻き込まれた事件の真相を追う真剣な姿が印象的でしたね。

 

ちょっと訳ありな女性を放っておけないところがあり、それが災いして事件に巻きこまれてしまう冠城ですが、今回もユキとの出会いはその性格からだったようです。

 

冠城がユキと知り合うきっかけとなったのが、喫茶店で見たユキのノートでした。「絶望」「死」などの言葉が書かれたノートを見た冠城は、ユキが自殺でも考えているのではと思い声をかけます。結局、それはユキが詩を書くためのフレーズで、自殺は冠城の勘違いだったわけですが、ユキの儚げながら芯のあるところに惹かれたと冠城自身も認めています。

 

さらに右京は、ユキが冠城と付き合い始め幸せを手に入れたことで、詩が書けなくなったのではないか?(その証拠に、ユキは冠城と付き合っている時期、一冊も本を出していない)詩が書けず苦悩するユキを見て、冠城が自ら身を引いたのではないか?と推測し、冠城にたずねます。

 

冠城は右京の推測を肯定も否定もしませんでしたが、その表情を見る限りでは図星だったのかなという感じでしたね。

 

冠城が女性絡みで事件に巻き込まれる話は毎シリーズのようにあるにも関わらず、いまだ独身で決まったお相手がいないのも、その優しすぎる性格が原因なのでは?と思わされました。冠城さん、いつかいい人と出会って幸せになってほしいです!

 


スポンサーリンク

相棒 season18の第6話の予想や見どころ

相棒第6話のタイトルは「右京の目」。来週11月13日は野球があり相棒はお休みなので、放送は一週あけて11月20日となります。知り合いの清掃員の依頼でアパートの空き室を調査しに出かけた右京は、そこに仕掛けられた罠にかかり、一時的に視力を失います。その後起こった不動産社員の殺害事件に、目が見えない右京はどう立ち向かうのでしょうか!?

 

相棒 season18が始まっていきなり消息不明になった右京が、今度は失明してしまいます。後々視力は戻るといわれてはいますが、両目をガーゼでおおった右京の姿はかなり衝撃的。令和は右京さん受難の時代になってしまうのでしょうか…

 

しかし、予告を見てみると、右京は目が見えないにも関わらず、特命係に姿を見せたり事件現場に出かけたりしています。

 

天才的な推理力だけではなく、豊富な知識や堪能な語学力、さらに身体能力にもすぐれている右京のことなので、目が見えなくても見事に事件を解決してくれそうな気がします。右京がどんな手を使って事件の真相に迫るのか、楽しみに待ちたいと思います!

 

相棒 season18第5話のまとめ

殺人現場で見つかった冠城の写真から始まった今回の事件、結末は悲しいものとなってしまいました。元恋人の行方を必死に探したり、見た目から受ける印象とは少し違う、冠城の内面も垣間見えたように思います。

 

過去の思い出にふける冠城さんの背中に、思わず頑張って!と声をかけたくなりました。次こそは、いい出会いがありますように…

 

そして、今回はシリアスな展開が続いたので、次回はコミカルなやり取りもたくさんあったらいいなと思います♪

 

相棒season18の第4話を見逃しちゃった>< もう一度見たい!と思ったら、今すぐU- NEXTに登録してご覧ください!登録はもちろん無料で、しかも、600ポイントもらえるので、最新作の相棒18もポイントを使えば無料で見ることができますよ♪
▼U-NEXTの公式サイトをクリックする▼
タイトルとURLをコピーしました