上司が異動する時は感謝のメッセージを伝えよう【例文あり】

組織に勤めていると、自分自身が異動になることもありますが、上司が異動になることも結構あるものです。その時、上司へメールや口頭で挨拶をしますが、初めてだとどのようなメッセージを送ればいいのか!?わかりませんよね。

 

まして、上司ですし、言葉も選びます。

 

上司が異動する時のメッセージをご紹介します。例文も紹介しますので、そのままお使いください!

 

スポンサーリンク

上司が異動するときの感謝のメッセージ【例文】

上司異動

 

とてもお世話になった上司への感謝を込めた例文をご紹介します。
そのまま使っていただいても構いませんのでご活用ください。

 

【例文1】

○○課長(上司の姓名・役職名)
△△営業本部(異動先会社名・部署名)へのご栄転をお喜び申し上げます。
入社時より、私のような本当に至らない所ばかりの部下をご指導頂き、○○課長には大変感謝しております。

○○課長には、いつも苦労ばかりをお掛けしておりました。
思い出しては、○○課長に申し訳ないと感じる気持ちで一杯になります
○○課長が私に教えてくださった事をいつまでも忘れず、努力を続けていきます。

○○課長の今後のご健康とご活躍を、心からお祈りしています。
本当にありがとうございました。

 

【例文2】

○○課長(上司の姓名・役職名)、○年間お世話になりました。
右も左もわからない新入社員だった私に、数々のご指導、ご鞭撻を賜りました事をここに厚く御礼申し上げます。
職場が変わられても、どうかこれまでのようにご指導いただけましたら嬉しく思います。
○○課長の新しい職場でのご活躍をお祈りしています。

 

【例文3】

○○課長(上司の・姓名・役職名)、△△営業本部(異動先会社名・部署名)へのご栄転、おめでとうございます。
○○課長には長い間(または○年間でも可)御指導いただきまして、心より感謝いたします。
新しい部署に行かれてからも、公私に渡り、益々ご活躍されますようお祈りします。

 

【例文4】

○○部長
私の入社以来○○部長には大変お世話になりました。
特に私が仕事を辞めようかと悩んでいるときに、○○部長に親身に相談にのっていただいたことは忘れません。
職場は変わってしまいますが、また何かあればぜひ相談に乗っていただけたら嬉しいです。
今後の○○部長のご健康とご活躍をお祈りしています。

 

【例文5】

○○部長
いつも熱心なご指導をありがとうございました。
本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
○○部長の新天地でのご活躍を心よりお祈りいたします。
こちらへお越しになる際には是非ご連絡してください。
またお目にかかれることを楽しみにしております。

 

【文例6】

○○課長
今まで大変お世話になりました。
○○課長がいなくなってしまうのは本当に寂しいです。
たまにはこちらにもお顔を出してくださいね。
○○課長の△△営業所(部署名・支店支局名)でのご活躍を陰ながら応援しています。

 

【文例7】

○○係長
ご栄転おめでとうございます。
○○係長の仕事に真摯に向き合う姿勢を見ていつも尊敬していました。
私も〇〇係長のようになれるように精進していきます。
今まで本当にありがとうございました。

 

【文例8】

○○主任
今までたくさんのご指導をありがとうございました。
今まで○○主任のもとで働けたことを心から感謝しています。
○年間本当にお世話になりました。

 

【例文9】

○○課長
○年間大変お世話になりました。
入社したときは、正直○○課長はなぜ自分に厳しくするのだろうと思ったこともありましたが、○○課長のおかげでここまで成長することができたと思っています。
今では〇〇課長には感謝の気持ちしかありません。
本当にありがとうございました。
新天地でのご活躍をお祈りしています。

 

【例文10】

○○係長
今まで本当にお世話になりました。
○○係長がいつも職場の雰囲気を和やかにしてくださったおかげで、私が入社したころから本当に働きやすかったと感じています。
またいつか○○係長のもとでご一緒に仕事をさせていただきたいです。
新しい部署でも元気にご活躍なさってください。

 

【文例11】

○○主任
これまでたくさんの叱咤激励をありがとうございました。
○○主任にはまだまだ教えていただきたいことがたくさんありましたので、本当に残念な気持ちでいっぱいです。
毎日職場で顔を合わせることはなくなりますが、またぜひ飲みに連れていってください。
○○主任の新天地でのご活躍を心より楽しみにしています。

 

【文例12】

○○部長
私が新入社員のころより〇〇部長にはたくさんのことを教えていただきました。
特に○○部長に教えていただいた「△△」という言葉は、今では私の座右の銘となっています。本当にありがとうございました。
○○部長の今後のご活躍とご健勝を心よりお祈り申し上げます。

 

【文例13】

○○課長
今まで本当にお世話になりました。
特に私が〇〇の失敗で落ち込んでいるとき、「自分も昔は同じ失敗をしたんだよ」と励ましてくれたことが今でも忘れられません。
○○課長のもとで働けないのは残念ですが、新天地でのご活躍を心より楽しみにしています。
またぜひ飲みに連れていってください!

 

【文例14】

○○さん
今まで大変お世話になりました。
○○さんの的確なご指導のおかげで、私自身だいぶ成長できたと感じています。
職場は変わってしまいますが、今後も何かあればご相談させてください。
○○さん△△(部署名・支店支局)でのご活躍を心より楽しみにしています。
本当にありがとうございました。

 

あまり親しくなかった上司への異動のメッセージ【例文】

○○部長
○○部長に直接のご指導をいただくことはほとんどありませんでしたが、○○さんの仕事に対する姿勢には学ぶことがたくさんありました。
○○部長の△△事業所(部署名・支店支局名)でのご活躍を心よりお祈り申し上げます。
どうかお身体にはお気を付けください。

 


スポンサーリンク

上司への異動のメッセージで注意すること!

 

ここで、注意事項があります。好意的では無かった上司へのメッセージには、文書を盛らないことです。

 

メッセージを受け取った上司は「この部下はあまり親しく無かった」と不審に思ってしまいます。上記例文のように形式的な文面にしましょう。

 

また、「感謝」と「活躍」を願う言葉は必ず入れましょう

 

好意的であった上司、好意的では無かった上司共通で添える言葉です。

 

感謝の文章は「今までご指導いただきありがとうございました」とシンプルにしましょう。

 

活躍を願う文章は「今後のご活躍をお祈りします」とシンプルにしましょう。受け取る上司は「貰って嬉しい」気持ちになるはずです。

 

上司が異動する時に書くと良い内容と避けるべき内容

 

上司が異動する際に送るメッセージ文には、記載して良い表現と避けるべき表現があります。

 

良い表現を説明します。

 

「今までの感謝」「今後の活躍を願う」表現です。加えて「褒める」表現を記載するとさらに感謝の気持ちが強まります。

 

例えば、

 

「○○課長の背中を見て仕事をしてきました」
「○○課長のおかげで社内はいつも明るく笑顔が沢山ありました」

 

と添えると良いでしょう。この褒め言葉には「話を盛り過ぎないこと」「架空のメッセージ」を記載してはいけません。

 

次に避けるべき表現を紹介します。

 

例えば「落ちる」「倒れる」「失う」「燃える」は記載してはいけません

 

人事異動は昇格・降格・配置転換がありますが「栄転というめでたい出来事に縁起の悪い言葉は使わない」と暗黙のルールがあります。

 

また、素っ気無いメッセージ内容も避けましょう。

 

上司は先輩社員です。メッセージを送る方よりも立場が上になります。社会人としての常識を守りましょう。

 

さらに「もうお会いする機会はありません」「もう一緒に仕事をする事はないと思います」の表現も避けましょう。

 

「またご指導いただければ嬉しく思います」と建て前の表現方法を使用して気遣うことが大切です。

 

人事異動の指令があるのはいつ!?

 

人事異動は人事から指令が出されます。

 

人事部門を管理している部署では、人事異動になる日(配置転換日)に社員向けに「異動の周知」が行われます。

 

しかし、対象者には1ヶ月~半月前に通知されます。なぜなら、業務の引き継ぎや遠隔地への異動のときは引越し準備と引越しがあるからです。

 

銀行では1、2週間前に本人に通知されることがあります。不正をしていた場合を考えて、隠すことができないようにするためです。

 

もし、上司が異動することがわかったときは、転勤のお祝いを兼ねて送迎会を開催し、今までお世話になったことに感謝をします。

 

会の締めでは「花束」を贈呈して、異動先でも元気に活躍をして下さいと気持ちを込めます。

 

異動が多い業種

 

官公庁・企業・全国組織の団体は人事異動が多い業種です。特に、官公庁や銀行は2年ペースで異動になることが多いです。

 

日本放送協会(NHK)は数年に1度転勤があり、3月末・9月末に看板番組のMC交代の挨拶があります。

 

『移動』ではなくなぜ『異動』なのか

 

まずは、人事異動と言いますが、「移動」と何か違うのでしょうか?

 

例えば、地図上の位置を変更したときは「移動」と言います。物品を2階から1階に移すときも「移動」と言います。

 

「異動」は人事的な場所を変更するときに使用する用語です。

 

「東京本社」から「岐阜営業所」に配置転換するときに「異動」と言います。社内での地位・勤務先が変更になる人事的な動きを「異動」と言うのです。

 

最後に

 

職場から転出する方に、個々に手紙をお送りするケースは多くありません。企業の慣習で皆さんがお送りしている際は、その慣習に合わせましょう。

 

手紙をお送りする慣習が無ければ、お送りする必要はありません。特別にお世話になったのであれば、こっそりと粗品を添えて送りましょう。

 

また、寄せ書き・色紙に一言メッセージを書く事は良く見受けます。

 

さらに、送別会でメッセージを伝える機会はありますので、NG用語の使用を避けて、今までの感謝と今後の活躍を願う用語を使いメッセージを送りましょう