グランメゾン東京7話 あらすじと感想!トップ10に入らないと…

スポンサーリンク

グランメゾン東京第7話では、グランメゾン東京のトップレストラン50の順位が、相沢の家族に大きな影響を与えることになります。尾花達は、エスコフィユ時代にトップレストラン50で最高10位まで上り詰めましたが、グランメゾン東京ではトップレストラン10を超えると宣言しています。果たして尾花達は、エスコフィユ時代の自分達の成績をグランメゾン東京で宣言通りに超えることができるのでしょうか?

 

スポンサーリンク

グランメゾン東京7話あらすじ

【第7話の放送日時】2019年12月1日(日)21:00~21:54

 

グランメゾン東京第6話では、見習いとしてなかなか認めてもらえない芹田(寛一郎)が、尾花への不満を爆発させました。そして、尾花と早見(鈴木京香)が夜通し努力した魚料理のレシピをgakuに渡すスパイ行為に走ります。一度はグランメゾン東京を辞めると宣言した芹田でした。

 

しかし、京野(沢村一樹)にお客様としてグランメゾン東京でおもてなしを受け、一流料理人の味を思い知った芹田は、今までのことを謝罪し、再びグランメゾン東京で働かせてもらうことになりました。

 

グランメゾン東京第7話では、ついにトップレストラン50の順位の発表が行われます。華やかなセレモニーの中、一際ソワソワした様子なのが相沢です。なぜなら相沢は、家族にトップレストラン50の順位がトップ10を超えることを条件に、ある交渉をしていたからです。そして、その緊張は尾花にもしっかり伝わっていました。

 

ある日、尾花達がいつも通りにグランメゾン東京の開店準備をしていると、予想外の来客が訪れます。それは、相沢の失踪していたはずの妻のエリーゼ(太田緑ロランス)でした。相沢はエリーゼに、今まで失踪してきたことを責め始めます。

 

しかし、今まで自分の方が辛い想いをしてきたと主張するエリーゼは、パリにアメリー(マノン・ディー)を連れて帰ると言い放ちます。なんとエリーゼはパリに新しいパートナーを作ったというのです。

 

その言葉に頭にきた相沢を尾花や京野が止めに入ります。しかし、エリーゼの怒りも収まらず、ミシュランを目指す料理人をバカにする発言をします。その発言に言い返したのは、相沢ではなく尾花でした。

 

そして、トップレストラン50でエスコフィユ時代のトップ10を超えることを宣言し、超えない場合は娘のアメリーをパリに連れて帰ることを了承したのです。

 

大きな約束をしてしまった尾花と相沢でしたが、オープンして間もないグランメゾン東京がトップ10を超えるなんて難しいと早見は感じていました。そして、ホテルが見つからなかったエリーゼのために、早見は自分の家の部屋を貸してあげます。

 

女性同士仲良くなった早見とエリーゼは、尾花が作った夕飯を食べながら話が弾みます。そして、その中で早見はエリーゼのある嘘に気付きました。それは、エリーゼは強がりでパートナーがいると言っただけなのでした。

 

そんなある日、アメリーが熱を出したと相沢に電話がかかってきます。そばにいたエリーゼもアメリーの元に行きたいと言いましたが、相沢が強い口調で断ります。相沢を家まで送った尾花は、アメリーの好きなゼリーを作りますが、具合が悪く食べてくれません。

 

そんな時にチャイムが鳴り、やってきたのは早見でした。早見は、エリーゼからある物を預かってきたのです。

 

エリーゼは、普段からアメリーが風邪をひいた時に作っていた料理がありました。その事実を初めて知った相沢は、アメリーは母親と一緒に暮らした方は幸せかもしれないと考え始めます。尾花より母親の料理を食べたアメリーを見て、母親の偉大さに気付いたのでした。

 

そして尾花は、アメリーが元気になったお祝いに、グランメゾン東京に相沢の家族を招待します。そしてエリーゼは、グランメゾン東京のコース料理に感動すると同時に、怒りがこみ上げてきました。それは、これほど美味しい料理を作る背景が見えてきたからでした。

 

エリーゼは、相沢が日本でどれほど料理に打ち込んでいるかが想像でき、アメリーは相沢に任せられないと感じてしまったのです。

 

そして、ついに相沢とアメリーの命運を分けるトップレストラン50の発表の時がやってきました。グランメゾン東京の順位は、エスコフィユ時代を超える結果となるのでしょうか?

 

グランメゾン東京7話感想と見どころ

グランメゾン東京第7話の見どころは、相沢と失踪していた妻の絆だと思います。妻はエスコフィユ時代の相沢を今まで支え続けてきたのだと思います。そして、ミシュランの星を目指すことも、トップレストラン50で上位を狙うことも、3年前のナッツ混入事件を機に一気に嫌になってしまったのだと感じました。

 

家族が何かを真剣に挑戦する時、家族もまた真剣なのです。その証拠としてエリーゼは、グランメゾン東京に招待してもらった際に、美味しい料理よりも料理が完成するまでの苦悩に注目していました。それは、今まで相沢が料理に対して努力してきた過程を近くで見続けてきたエリーゼだからこその視点だと感じました。

 

また相沢も、エリーゼがいなくなり、メアリーと向き合う時間が増えた分、エリーゼの育児の大変さを実感したのだと思います。皮肉にもお互いに離れた時間があったからこそ、お互いの凄さを痛感することになったのだと思いました。

 

そして尾花も、大切な仲間が料理でバカにされたのが悔しかったのだと思います。尾花がエリーゼにトップ10を超えると宣言した時は勢いだったのかもしれないですが、結果的にトップ10を獲得することが出来ました。尾花はビッグマウスではなく、確実に上位を狙える実力が伴うレストランを作り上げていることが証明できたと思います。

 

トップレストラン50でトップ10に入ることを夢にも思っていなかった早見達は、絶叫するほど喜んでおり、非常に嬉しい気持ちになりました。

 

また、グランメゾン東京の順位以上に驚いたのが、gakuのトップレストラン50の成績でした。グランメゾン東京を上回るトップ8を獲得し、丹後(尾上菊之助)や祥平(玉森裕太)の表情がとても眩しかったです。またその成績は、gakuの努力が着実に結果に結び付いていると証明された瞬間でもありました。

 

悔しい表情を浮かべた尾花でしたが、エリーゼにはしっかり相沢の努力が伝わっており、ミシュランで3つ星を獲得することを待っていると言ってくれていました。今度こそ、相沢や尾花達の手にミシュランの3つ星が手に入ることを心から祈りたいと思いました。

 

 

 


スポンサーリンク

グランメゾン東京 7話まとめ

第7話では、相沢の失踪していたはずの妻が突然現れ、娘のアメリーをパリへ連れて帰ると言い出しました。そして相沢は尾花の強気な発言もあり、グランメゾン東京の成績が、トップレストラン50の順位トップ10を超えなければ、娘をパリに連れて帰ることを了承しました。

 

まだオープンして間もないグランメゾン東京ですが、何とトップ10に名前が呼ばれたのです。しかし、gakuはグランメゾン東京を上回るトップ8を獲得しました。悔しい表情を隠し切れない尾花でしたが、相沢の妻はグランメゾン東京の努力を称え、相沢と一緒に暮らせる日を待っていると娘を通して伝えました。そして、ミシュランで3つ星を獲得することを固く決意した尾花と相沢でした。

 

グランメゾン東京 8話の予想や見どころ

第8話では、京野の恋がついに動き始めます。尾花の目の前で早見に告白した京野でしたが、翌日にまさかの尾花が行方不明になってしまいます。京野や早見も散々心配しますが、心配をよそに尾花は人を連れて戻ってきました。

 

そして、尾花と一緒にグランメゾン東京に戻ってきた人物は、尾花の料理の師匠である潮卓(木場勝己)だったのです。尾花は潮卓にグランメゾン東京の料理を提供しますが、京野が気に障り料理を食べてくれません。一体京野の何が気に障ったのでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました