スカーレット145話ネタバレあらすじと感想!手紙を読んだ武志は…

スポンサーリンク

武志は大崎先生へ体調の変化を報告します。帰り際、亡くなった智也くんの母親から、手紙を渡されショックを隠しきれません。その手紙には何が書かれていたのでしょうか!?スカーレット145話ネタバレあらすじと感想をまとめています!

 

ネタバレを含みますのでご注意ください。スカーレットの動画はオンデマンドで配信中です。U-NEXT経由で視聴できます。

 

▼▼▼今すぐスカーレットを見る▼▼▼

 

スポンサーリンク

スカーレット145話ネタバレあらすじ

スカーレット 145話 ネタバレあらすじ 感想

 

<放送日:2020年3月23日(月)>

 

試行錯誤の末、ついに武志は念願の作品を完成させます。武志の充実した表情を見つめながら、喜美子は喜びと感慨に浸ります…。

 

後日、武志は定期検診で病院を訪れ、大崎医師にある異変を伝えます。そして帰り際、先日亡くなった智也の母・理香子から、武志宛てに智也からの手紙を託されます。その手紙に書かれていた内容は、武志の想像しえないものでした…。

 

武志の帰宅後、八郎が初めて卵焼きを作ると張り切っていました。食事の準備中、大崎医師から一本の電話が掛かってきます。「薬の副作用で味覚障害があるらしい。」と告げられた喜美子は、一抹の不安を感じながらも食事の準備を進めます…。

 

その後、武志は八郎が作った卵焼きを食べますが味が分からず、戸惑いを見せます。八郎は気に掛けず、武志の渾身の作品を絶賛します。しかし、武志は八郎に突っかかり、やり場のない複雑な気持ちを爆発させます…。

 


心境を気遣う喜美子が武志の様子を見に行くと、武志は智也から託された手紙を見せます。手紙には「おれは」の一言だけしか書かれておらず、続きがありませんでした…。

 

武志は「何を書きたかったのか…。」と智也の無念さを思いやり、「俺は、終わりたくない。生きていたい…。」と涙ながらに本音を吐露します。喜美子と八郎は、その思いを静かに受け止めることしか出来ませんでした…。

 

スカーレット145話の感想

味覚がわからなくなった。と大崎医師に伝えたところに、八郎が腕をふるって卵焼きを作ってくれた。武志の作品も絶賛した。すべて八郎の優しさ。八郎の優しさがわかっているから、八郎に気持ちを爆発させた。

 

武志はずっと、信楽の人たちの噂になっていた八郎のことが気になっていた。自分の大好きなお父ちゃんが、喜美子の才能に負けて信楽を去ったとか、弟子の若い女の子と仲良くなったからだとか、そんなウソの噂をされても言い返すことがなく、いつも優しい優しい八郎に悔しい思いをしていたのだと思います。心の中にずっと溜まっていた八郎への思いが爆発した。

 

八郎と一緒に暮らすことができなかった悲しみを、ぶつけた武志だけど、八郎はよりを戻そうとしていたんです。喜美子が穴窯を成功したとき、見に来てくれたし、喜美子の展覧会に足を運んで、ノートに名前を記載したり、八郎はいつも喜美子を応援してそばに寄り添っていたのです。そんな八郎に応えなかったのは喜美子だと思います。だから、八郎だけを責めないで。

 

 

智也くんの手紙、ショックです。おれは、の続きを書くことができなかったんですね。武志のおれは終わりたくない。生きていたい。は魂の叫びで。どうか生きて欲しい。

 

 


スポンサーリンク

スカーレット145話ツイッターの反応

 

スカーレット145話見逃し配信

スカーレットはオンデマンドで動画配信中!U-NEXTからオンデマンドの視聴ができます。登録するとスカーレット以外のドラマやアニメ、映画などの見放題がたくさんあるのでがっつり視聴することができますよ。なんと配信作品は13万本以上も!スカーレット145話はぜひ動画でご覧ください!

 

▼U-NEXTの公式サイトをクリックする▼

 

タイトルとURLをコピーしました