スラムダンクのあらすじ!最終回は!?名言、キャストのまとめ!

スラムダンクはテレビでも放映されたことがある少年漫画です。不良少年の成長やバスケットボールにかける想い、高校生のアツイ情熱や純粋な場面にキュンときたり、感動と笑いもあり、名言もたくさんある大人気作品です。スラムダンクのキャスト、あらすじ、きになる最終回、名言について紹介していきます。

 

スラムダンクの基本情報

スラムダンク

 

マンガ:週刊少年ジャンプ 全276話 1990年~1996年

TV:テレビ朝日系列にて1993年10月16日~1996年3月23日に放映。

全101話+SP版2話

 

今でも大人気の漫画で、ツイッターでもしょっちゅうツイートされています。

 

 

スラムダンクのキャスト

まず、スラムダンクのキャストを簡単にさくっと紹介します。

 

スラムダンク-2

 

▼桜木花道

バスケットボール初心者であり主人公。バスケットボールの面白さに目覚めその才能を開花させていきます。

 

▼赤木剛憲

湘北バスケ部の主将であり、赤木晴子の兄。ゴール下ではキングコングと言われています。

 

▼赤木晴子

赤木剛憲の妹。桜木花道が一目惚れし、バスケ部に入部したきっかけの人物。流川楓に思いを寄せている。

 

▼流川楓

中学時代からのバスケットボールのスーパースター。クールで口数が少なく負けず嫌いな性格。桜木花道のライバル。

 

▼宮城リョータ

実力は間違いなし。小柄なポイントガードで湘北バスケ部の次期キャプテンと言われる実力者。

 

▼三井寿

中学時代の頃からスーパースターであり、安西先生への憧れから湘北高校に入学。バスケ部に入部するが怪我によって不良少年になる。その後、桜木花道たちとの出会いでバスケの世界へ戻る。

 

▼安西光義

湘北バスケットボール部の監督。と大学監督時代は鬼コーチと言われていた。

 

▼小暮公延

赤木剛憲と中学生からの同級生で湘北高校バスケ部の副主将。

 

 


スポンサーリンク

スラムダンクのあらすじと最終回

 

主人公は不良高校生の桜木花道。

神奈川県立湘北高校へ入学すると、バスケットボール部の主将、赤木剛憲の妹、赤木晴子に入部をすすめられる。

 

身長が身長188㎝あり、運動能力が抜群なのでスカウトされたのだ。

 

バスケットボールに興味もなく初心者レベルだったけど、晴子へ一目ぼれし、晴子目当てで入部を決めた。

 

フラれつづけてきた花道が中学生活最後に告白したとき、「バスケ部に好きな人がいる・・・」といわれ、バスケが大キライだと宣言していたのに、入部してしまう花道。

 

花道は単純明快な男なのだ。

 

バスケのルールも知らないまったくの初心者、しかも単純な理由で入部をしたが、部活での練習をつづけるうちにバスケットの魅力にはまり始め、才能を発揮させていくのであった。

 

入部前に、桜木花道が思いを寄せている赤木晴子が、中学生の頃からバスケのスーパースターである流川楓に好意を寄せていることを知った花道は流川に嫉妬しライバル心を燃やす。

 

何度も流川に勝負を挑んでも負けてしまう始末…。

 

流川と花道が入部し、湘北高校バスケ部は見違えるほどに成長していく。

 

過去に問題をおこしバスケ部を離れていた元部員たちも復帰し、湘北高校バスケットボール部のメンバーが全員揃い更なる成長をしていくのだった。

スラムダンクを見たくなったら、U-NEXTで見放題やってます^^

▼以下をクリックするとU-NEXTのページに行くことができます▼


 

スラムダンクのあらすじ|最終回

全国大会の2回戦で、湘北は王者の山王高校と対戦することになった。

 

試合中にぶつけた背中が痛く、立っているのもやっとの花道は、やむを得ず選手交代でベンチへ。

 

ベンチから試合を見ているとき、バスケが大好きになっている自分に気づき、痛みをこらえて試合へ戻った。

 

1点差でリードを奪われていた湘北。

 

残り2秒になったとき、奇跡が起きた!

 

流川からボールをパスされた桜木がシュート、、、。

 

ゴールが決まったと同時に試合が終わり、湘北は王者の山王高校に勝ったのだった。

 

まさかの逆転ゴールに、体育館にいた全員が大興奮。

 

3回戦に進むチャンスを得た湘北だったが、山王高校で心身ともに全力を尽くしたせいか愛知学院にボロ負けしてしまう。

 

全国大会が終わると、三井だけが残り、キャプテンの赤城と小暮が湘北高校バスケ部を引退。

残ったメンバーは、冬の選抜へと準備を進めることに。

 

キャプテンが宮代リョータ、晴子がマネージャーになり、新しい環境へと移っていく中、花道は痛めた背中のケガを回復させる為、バスケを休み、リハビリ生活に入る。

 

桜木花道の目の前を、「Japan」のユニフォームを着た流川が通り過ぎる。

 

スラムダンクのあらすじ|最終回の後の動き

 

山王高校との闘いに勝利した湘北だったが愛知学院に負けてしまい、その後がどうなったのかが描かれずに終わってしまいました。

 

ファンの間では、最終回について賛否両論がありました。

 

負けて終わったとは・・・。

いやいや、いい最終回だった。

つづきが気になる!

 

そんなスラムダンクの最終回の後、連載終了後の10日後を描いた「あれから10日後」があるのですが、ご存知でしょうか?

 

2004年、日本国内のスラムダンクの単行本発行部数が1億冊を突破したことを記念に、なんと、全国紙6紙の朝刊一面広告に、湘北メンバー6人の描き下ろしイラストが掲載されたのです。

 

同年の12月、廃校になった神奈川県立三崎高等学校の黒板に、作者の井上雄彦先生が、本編終了から10日後のスラムダンクの登場人物のそれぞれのストーリー『10 DAY AFTER』を描きました。

 

とても話題になりメディアでも取り上げられました。

 

愛知学院に負けた湘北高校のバスケ部のメンバーたちは、10日後、どのように過ごしているのか気になりますよね。

 

スラムダンクのあらすじ|最終回からの10日後

 

主要な登場人物の10日後を簡単に紹介していきますね(^^*

 

10日後は、二学期がはじまった頃です。

 

▼晴子

リハビリ中の花道からの手紙を読む晴子。

 

手紙には、花道らしい言葉が。

 

この天才桜木はすでにリハビリ王としてリハビリ界の頂点にたっている

 

手紙を読んだ晴子は、

 

待ってるよ 桜木君

 

との気持ちを込めて返事を書きました。

 

リハビリ界のリハビリ王にうけたこと、リハビリ王からリバウンド王に戻る姿を早く見たい

 

と綴りました。

 

▼赤木

受験のためバスケ部を引退したけど、バスケがしたくて勉強が身につかない様子。成績が落ちしまったので、晴子はバスケをすればいいのに、と花道宛の手紙に書きました。

 

▼魚住

引退したのに、毎日後輩たちの様子も見に来る魚住。後輩たちから、板前の修業をしなくていいのかと言われる始末。

 

▼三井

三井は選抜メンバーに残るために練習する様子が描かれていましたが、10日後でも選抜に向けて練習をしている姿が描かれています。

 

その練習はハンパなく、早朝5時半には汗でびっしょりになっていました。

 

赤木がシュートしていた分の成功率をあげないと海南に勝てないと意気込んでいます。

 

また、学力に自信がない三井は、大学入学に向けて、再び全国に出て活躍し推薦をもらわなければ、とも思っています。

 

▼花道

背中を痛めた花道は、浜辺でリハビリを続けています。

 

想いを寄せる晴子からの手紙には

 

リハビリ王からリバウンド王に戻る姿を早く見たいです。

 

と書かれていました。

 

日本人で初めてNBAに選ばれた選手が誕生したことをリハビリの先生から聞き、次は自分だと意気込みます。

 

スラムダンクは名言がたくさん出てきますが、ここでも登場しました (^^)-☆

 

その名言とは、花道が、次にMBAに行くのは自分だと言った時の先生の言葉です。

 

ムリだっていうのはいつだって チャレンジしてない奴よね

 

最後の最後に素晴らしい名言をいただくことができました!

 

 

そして、スラムダンクの最後のセリフは、花道の

 

天才ですから

 

で終わります。

 

次にMBAに行くのは俺だと言った花道に、先生が

 

行けるの?

 

と返した後、

 

何度も言わせんな

 

の後に、振り返っての

 

天才ですから

 

 

スラムダンクの名言

 

 

スラムダンクの感想

 

バスケットボールが好きな方はもちろんですが、きっとこのアニメを観ることでバスケットボールが好きになること間違いなしです!

 

私がスラムダンクを見たのは、高校生活でスポーツをやろうと思ったときで、まさに入学した時でした。

 

高校生のバスケットボールに対する熱い思いが伝わっきて、高校生離れしているバスケットボールのプレーもカッコイイです。

 

おすすめの見どころポイント

 

バスケットボール初心者である桜木花道の成長と、湘北バスケ部が成長していく姿が感動です。

 

バラバラだったチームがたくさんの問題を解決しながら1つになっていき、バスケットへの熱い思いが伝わってきます。

 

 

スラムダンクはこんな人に見てほしい

 

現役高校生バスケットボール部に所属している方。高校生卒業後でもバスケットボール部続けている方には是非オススメです。

 

まとめ

 

バスケットボール初心者の桜木花道の成長と、それを取り巻く仲間たちの熱い思いで、成長していく湘北高校バスケット部。

 

バラバラになっていた湘北高校バスケット部が桜木花道を始め安西監督やその仲間と、いろいろな壁を乗り越えて1つになっていく感動するアニメです。

 

感動の中に桜木花道の晴子に対する一途な思いもかわいいところがあるんです。

 

バスケットのプレーは高校生離れしているけど、晴子に対するピュアな恋心などは高校生ぽくてキュンときます。

 

学生を卒業したけど、バスケットが好きで続けたいと思っているときなど観ると、バスケがをしたくなりますよ。

 

是非、SLAM DUNKを1度観てみてはいかがでしょうか?

 

今までバスケットに興味がなくてもバスケが大好きになってやりたくなりますよ^^

 

スラムダンクのアニメと劇場版を見たい!と思ったら、U-NEXTで動画配信していますよ!スラムダンクはすべて見放題なので、トライアル登録するだけで見れちゃいます^^

 

もちろん、登録は無料で、31日間見放題です!

 

▼以下が見放題です

◆スラムダンクTV放送:1話~101話
◆スラムダンク劇場版:第1弾
◆スラムダンク劇場版:第2弾
◆スラムダンク劇場版:第3弾
◆スラムダンク劇場版:第4弾
◆スラムダンク劇場版:第3弾

 

▼以下をクリックするとU-NEXTのページに行くことができます▼