東京オリンピックのチケットの購入方法と注意すること!

2019年5月9日(木)午前10時から2020年東京オリンピックの抽選申込みがスタートします。東京オリンピックのチケットの購入方法、抽選申込の際に注意することについてわかりやすくまとめました。抽選なのでたくさんの枚数を申し込むと大変なことになる場合もありますので、是非ご覧になってから申し込んでください!

 

東京オンピックのチケットはどこで購入できる?

東京オリンピックチケット購入方法-1

 

東京オリンピックのチケットは、公式サイトか公式販売所での購入となりますが、販売所は2020年を予定しているため、お目当ての競技などがあれば公式サイトで抽選申込みをしておくことをオススメします。

 

抽選申込みはインターネットからのみ可能

 

その後、2019年秋から先着順による販売がおこなわれます。

 

先着の場合、チケットが入手できるのかもわかりませんし、抽選で外れた方もどっと申込む可能性がありますので、事前に抽選申込みをしておいた方がいいですね。

 

先着順販売は抽選発売の売れ残り+未発券チケットのみ販売

 

2020年に入ってからチケット販売所での販売もおこなう予定ですが、都内を予定しているため、地方にお住まいの方は販売所での購入は難しいでしょうし、絶対に生で見たい競技や開会式・閉会式は、チケットが入手できるかわかりませんので、抽選に申込みしておいた方がいいです。

 

東京オリンピックのチケットの抽選申込みができる条件

東京オリンピックのチケットの抽選申込みは、日本国内の在住者のみ可能です。外国籍であっても、日本国内に住んでいれば申込みOK。

 

海外の在住者はお住まいの国の公式サイトからの申込みになります。なお、販売事業者、販売時期はお住まいの国によって異なりますので、ご確認ください。

 

なお、2020年春からは、世界中から公式サイトでチケットを購入することが可能になります。

 


スポンサーリンク

TOKYO2020IDへの登録方法

東京オリンピックの抽選申込みの方法ですが、『TOKYO2020ID』への登録が必要です。

 

ビジネスが目的の転売を防ぐため、チケットに名前を記載するにあたり、個人情報の登録をするためです。(2020年に予定している販売所では登録不要の予定)

 

登録自体の期限はパラリンピックが終わるまでですが、オリンピックチケットの事前抽選申し込みは、5月28日(火)23時59分までとなっています。

 

また、登録しておくと、イベント情報など気になる情報がより早く届きます。

 

なお、5月9日からスタートする予約はオリンピックのチケットのみで、パラリンピックは夏の予定です。

 

▼登録する情報
・メールアドレス
・氏名
・郵便番号
・住所
・電話番号
・生年月日
・性別
・パスワード

 

 

東京オリンピックのチケットの申込みができる枚数と注意すること!

東京オリンピックのチケット-2

 

チケットの申し込みは、一人、第1希望30枚まで、第2希望30枚までです。

 

抽選ですので、どちらも最高枚数の30枚を申込みしたい気持ちになりますが、ここで注意が必要です!

 

当選した場合、申込みした枚数すべてを一括払いで支払うか、すべてをキャンセルするかのどちらかになります。

 

予約申し込みした中から、選択できませんので、抽選で当ったのはいいけれど、支払うお金が高額になって支払えない、ということにならないようにしましょう。

 

オリンピックチケットで子供がいる場合の購入方法

開催日時点での年齢が2歳未満の場合は、保護者1名のチケットにつき、1名の幼児まではチケット不要で無料となりますが、席はありません。席が必要な場合は、大人と同様にチケットを購入してください。

 

2歳未満の幼児が2名以上の場合は、保護者分のチケットを超える場合、チケットが必要になります。なお、立ち見のチケットも同様です。

 

【例1】
保護者2名
2歳未満の幼児2名
チケット2枚で可

 

【例2】
保護者2名
2歳未満の幼児3名
チケット3枚必要

 

チケットの支払期間と支払方法

支払期間は6月20日(木)の抽選結果が発表になった時点から7月2日(火)の23時59分までです。

 

支払は一括払いになります。

 

かなりの高額を支払うことになる場合もありますので、クレジット払いを予定している方もいると思いますが、VISAのみ利用可能です。

 

クレジットカードにvisaのロゴが入っていれば利用できます(手数料0円)。

 

現金払いはコンビニとなり、以下のいずれかで支払うことになります。

 

セブンイレブン
ファミリーマート
ローソン
ミニストップ
セイコーマート

 

支払い手数料は1件、432円(税込)

 

支払い期限があるので、指定された日にちまでに必ず支払を済ませてください。1分でも過ぎると無効になります。

 

コンビニ払いだと支払期日がありますし、手数料もかかるため、カード払いの方が支払うのを忘れることもないですし便利ですよね。

 

もしVISAカードをお持ちでないようなら、この機会に作るのもありです。

 

チケット予約申し込みから支払までの流れ

 

抽選申込受付期間
2019年5月9日(木)10時00分~5月28日(火)23時59分まで

抽選結果発表
2019年6月20日(木)

購入手続期間
6月20日(木)の抽選結果通知~2019年7月2日(火)23時59分まで

支払方法
コンビニでの一括払いかvisaカードでのクレジット、プリペイド、デビット払いのどれか。

チケットの受取
登録の住所に配送

 

東京オリンピックチケットの価格

 

東京オリンピックの開会式・閉会式、競技別のチケットの最安価格と最高価格を紹介しておきます。

 

開会式と閉会式の価格

【開会式】2020年 7月 24日20:00 ~ 23:00

【閉会式】2020年 8月 9日20:00 ~ 23:00

 

開会式 閉会式
A席 300,000円 220,000円
B席 242,000円 177,000円
C席 107,000円 82,000円
D席 45,000円 35,000円
E席 12,000円 12,000円

 

 

競技・種目別の価格

 

競技・種目別 価格
開会式 12,000円 ~ 300,000円
閉会式 12,000円 ~ 220,000円
水泳・競技 5,800円 ~ 108,000円
水泳・飛込 3,500円 ~ 30,500円
水泳・アーティスティックスイミング 4,000円 ~ 45,000円
水泳・水球 3,000円 ~ 18,000円
水泳・マラソンスイミング 3,500円 ~ 5,500円
アーチェリー 3,000円 ~ 7,000円
陸上競技 3,000円 ~ 130,000円
陸上競技・マラソン 2,500円 ~ 6,000円
陸上競技・競歩 チケット不要のため販売なし
バドミントン 4,000円 ~ 45,000円
野球 4,000円 ~ 67,500円
ソフトボール 2,500円 ~ 25,500円
バスケットボール 3,000円 ~ 72,000円
3×3バスケットボール 3,000円 ~ 18,000円
ボクシング 調整中
カヌー・スラローム 3,000円 ~ 10,000円
カヌー・スプリント 3,000円 ~ 9,500円
自転車競技 2,500円 ~ 14,500円
馬術 3,000円 ~ 16,000円
フェンシング 3,000円 ~ 11,500円
サッカー 2,500円 ~ 67,500円
ゴルフ 7,000円、10,000円
体操・体操競技 4,000円 ~ 72,000円
体操・新体操 4,000円 ~ 36,000円
体操・トランポリン 5,500円 ~ 16,000円
ハンドボール 3,500円 ~ 20,000円
ホッケー 2,500円 ~ 10,000円
柔道 4,000円 ~ 54,000円
空手 3,500円 ~ 12,800円
近代五種 2,500円 ~ 4,000円
ボート 3,000円 ~ 9,500円
ラクビー 2,500円 ~ 25,500円
セーリング 3,000円、5,500円
射撃 2,500円 ~ 5,500円
スケートボード 4,000円 ~ 11,500円
スポーツクライミング 3,000円 ~ 12,500円
サーフィン 3,000円
卓球 3,500円 ~ 36,000円
テコンドー 3,000円 ~ 9,500円
テニス 3,000円 ~ 54,000円
トライアスロン 4,000円、8,000円
ビーチバレーボール 3,500円 ~ 45,000円
バレーボール 4,000円 ~ 54,000円
ウエイトリフティング 2,500円 ~ 12,800円
レスリング 4,000円 ~ 45,000円

 

 

おトクなチケット

価格は数千円からありますが、開会式と閉会式は最安価格でも12,000円と高額です。家族で行くとなるとかなりの出費になりますよね。

 

ところが、2,020円で買えるおトクなチケットがありますので、紹介しておきますね。

 

東京2020みんなで応援チケットとは?

 

『東京2020みんなで応援チケット』とは、12歳以下の子供、60歳以上の方、または障害のある方(車いすユーザー含む)が1名以上いる家族やグループの場合、一人2,020円で購入できるチケットのことです。

 

すべての種目が2,020円で購入できるわけではありませんが、開会式・閉会式は対象です。

 

座席エリアは最下位席種エリアとなりますが、開会式・閉会式の最安価格は12,000円ですので、2,020円で同じ席になるのはかなりおトクですよね。該当する場合で最安価格の最下位席種エリアで良いのであれば、『東京2020みんなで応援チケット』を利用することをオススメします。

 

申込みは2枚以上、最大30枚までとなります。

 

 

学校連携観戦プログラムチケットとは?

 

『学校連携観戦プログラムチケット』とは、学校でまとめて大量にチケットを購入することで、通常の価格より低価格で販売されるチケットのことです。

 

開催都市や、開催所在地の自治体、東日本大震災の3件、全国の小学校から高等学校、特別支援学校等の児童・生徒が対象で、自治体や学校単位での販売となるため、一般販売はされず、各関係機関へ案内が届きます。

 

宿泊費付きの公式観戦ツアー

 

東京2020オリンピック公式観戦ツアーも予定されており、抽選受付は、2019年5月下旬以降の予定です。

 

◆近畿日本ツーリスト
◆JTB
◆東武トップツアーズ

 

ツアーの詳細は、2019年6月中旬に発表予定です。

 

行けなくなった場合はどうすればいいの?

 

チケットを購入した後はキャンセルはできません。ですが、急な用事で行けなくなる場合もありますよね。

 

もし、行けなくなってしまった場合は、友達や知人へ譲ることが可能ですが、チケットの個人情報の変更届が必要です。

 

譲る相手がいない場合は、公式サイトでのみ転売可能です。

 

転売は『東京オリンピックチケット・リセールサービス』公式サイトでのみ利用OKで、転売価格は定価で、出品者は成約手数料がかかります。

 

6月14日から『チケット不正転売禁止法』が施行されますので、メルカリやヤフオクへ出品はできませんのでご注意ください。違反すると、1年以下の懲役や100万円以下の罰金となります。

 

ヤフオクは24時間体制で、オリンピックチケットの出品がないか監視する予定です。

 

まとめ

東京オリンピックの開催期間は、2020年7月24日(金)~ 2020年8月9日(日)です。

 

チケットは、抽選申込の後、残りのチケットと未発売のチケットが先着順の販売になります。

 

抽選の申込みは、2019年5月9日にスタートし、締め切りは5月28日(火)23時59分です。先着順ではなく、抽選ですので、この期間であればいつ申し込んでもOKなので、焦らずに申込みしましょう。

 

オリンピックチケットの抽選申込:2019年5月9日(木)~5月28日(火)23時59分

 

その後の先着順は、2019年秋頃の予定ですが、抽選で余ったチケットと未発売分のチケットになるため、お目当ての競技があれば抽選申込みをしておいた方がよいですし、高倍率も予想されているため、外れた場合は、秋の先着順で購入しましょう。

 

ということで、まずは、抽選申込をするわけですが、第1希望、第2希望で最高30枚まで申込みできますが、当った場合、申し込んだ枚数すべてを購入するかすべてキャンセルするかの二者選択になりますのでご注意くださいね。